【ニュース】新型肺炎、予防策は?

中国、武漢で発生したコロナウィルスによる肺炎がいよいよ世界に広まってきてしまいました。

 

新型肺炎は今まで感染力は弱いとされていましたが、今日のニュースでは変異し感染力が増したとの記事もあります。

↓↓↓

新型肺炎「変異」か 感染力増 – Yahoo!ニュース

 

 

日本では27日に指定感染症に指定されました。これで患者の強制入院や就業制限などが可能になります。

 

発生源

 

武漢にある市場で売られていた野生生物ではないかと言われており、市場では実際にウィルスも確認されていました。野生生物は蛇やコウモリと言われています。

 

 
中国の武漢とは?

 

中国の中でもトップ10に入る人口で、1100万人いる大きな都市です。

因みに神奈川県は920万人、大阪府は880万人、東京都は1393万人です。

三国志でも有名な武漢は日系企業も多くあります。ホンダ、日産などの工場を構える自動車産業の町です。そのため、日本人も多く住んでいると思われます。

 

 

中国政府の対策

 

中国政府は武漢の交通機関を封鎖し、隔離しています。このような思い切った決断が出来たのは社会主義国家だからでしょう。

民主主義の国、日本やアメリカなどではなかなか出来ないことではないかと思うので今回の措置は中国だから出来たことだろうなと感じました。

 

中国では1月24日から国内旅行を規制し、1月27日からは海外への団体旅行を禁止しました。

個人で計画してる人は対象外です。

 

 
 
予防策は?

 

ワクチンがない今、どの様に予防したらいいのかメンタリストのDaiGoさんがYouTubeにアップされていました。

↓↓↓

 

 

現在コロナウィルスにはワクチンがないため、予防策は一般的な風邪対策しかないそうです。

風邪対策と言えば、免疫力アップさせるために規則正しい生活や睡眠をたっぷりとり食事は健康的にするなどが思い浮かびますね!

 

DaiGoさんは科学的根拠を元に2点、ご自身の体験を元に1点予防策をあげています。

 

①運動

これは有酸素運動が有効だそうで、早歩きや軽めのジョギングでいい。

 

②手洗い

こまめに手洗いするといい。

 

③冷水チャレンジ(DaiGoさんオススメ)

体を十分にあたためた状態で、30秒ほどの短時間冷水を浴びてストレスをかけると風邪の発症率を抑えられるそう。

 

 

その他にはストレスを溜めないことや水うがい、マスクなども効果があるのではということです。

 

 

今から十分に体調を整え、免疫力を高めておきましょう!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました