【ニュース】損保ジャパンのリストラが革命的だった(><)

イケハヤ大学の動画を見てたら損保ジャパンのリストラが気になりました💦

↓↓↓

 

動画内で損保ジャパンのリストラについて少し触れているんですね。

気になって少し調べてみたら、ヤバかった〜(^◇^;)

 

 

 

まず、損害保険会社はこの先色々厳しい!ということ。収入の大きな柱である自動車保険が今後40年までに6割減ると予想されているようです。これは今後、自動運転やカーシェアリングが進むというのが大きな理由のようです。

更にIT効率化で余剰人員が出るとも予想しています。

 

 

損保ジャパンの対策

 

今後、厳しい状況が訪れると予想した損保ジャパンは2015年にワタミの全株式を210億円で買収しました。

更に、2016年には介護大手の「メッセージ」をTOBで買収します。そしてSOMPOケア株式会社を設立し、赤字だった会社の黒字化に成功させます。

成功させたところで、2020年に全体の15%にあたる4000人の革命的な?リストラが実施されるのです。

 

 

 

革命的なリストラ

 

買収した介護会社を黒字化させたのも凄いですが、リストラの仕方も目から鱗の方法でした。

大体リストラというと退職金を上乗せして希望退職を募る方法が多いです。

ところが損保ジャパンの方法は、余剰人員を黒字化させた介護事業に配置転換をするというものでした‼️

退職金上乗せもなく、介護事業に異動になった場合は一人当たり平均250万年収が下がるそうです。

雇用を確保し、コストも削減するという画期的な?方法です😫

 

 

コストがかからないリストラ

 

損保ジャパンは4000人の配置転換を発表しているので計算するとこんな感じです↓

 

上乗せ退職金

4000人×1000万=400億円

人件費

4000人×250万=100億円

 

合計500億円コストの削減が出来ます。

更に、保険会社のサラリーマンがいきなり介護事業に配置転換になる訳ですから、受け入れられなければ自己都合で退職する人も多いでしょう。

 

 

 

このリストラの仕方は衝撃的でした💦

これからIT化で更にリストラも多くなってくると思うので、このモデルは出てくる可能性ありそうですね、、、。

批判も少なく、やめる場合も自己都合になると思われるので会社側も都合がいいです。

2020年もリストラの年になるだろうか(><)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました