【ニュース】ソニーの電気自動車

年始からトヨタの「コネクティッド・シティー」プロジェクトの発表とソニー自動運転EVのニュースがありました。

二本立てのニュースで本格的に車業界の変革期に入るのだと思うととても興奮したのでした🤣

 

 

まず、デジタル技術見本市CESでサプライズ発表されたソニーの電気自動車Vision-Sです。

 

 

 

車両には車内外の人や物体を検知、認識し運転支援を運転支援を実現するために、車載向けセンサーを合計33個配置している。その内訳はカメラ×13個、レーダー×17個、ソリッドステート型LiDAR×3個が含まれる。

 

 

 

 

ソニーEVの主な協力会社

部品→BOSCH、コンチネンタル、ZF

車体製造→マグナ・シュタイヤー

半導体→エヌビディア、クアルコム

デジタル地図→ヒアテクノロジーズ

ソフト開発→ブラックベリー

 

 

この中だとソフト開発がキーになってくるでしょうか?

テスラのように大量の走行データを持っていないと思われるし、今後市販される予定はないとの事ですが、市販する場合は充電ステーションも課題ですね。

あとは国や日系企業など言えることだけど、意思決定が他国より遅い。時代の流れが速い今の時代には少し致命的なところも否めないと感じるのですが…トヨタ含めて頑張って欲しいです。

 

 

 

 

10年前にソニーは赤字で散々でしたが、2018年には最高益を達成し、V字回復しました。

そして2020年1月10日の今日は時価総額10兆円も突破です👏 19年3ヶ月ぶりですね!

なんとも歓喜深い!!!

 

 

 

難しい技術が必要だったガソリン車から割と簡単に?作れるEVに変わると業界自体がかなり変わります。

今まで自動車メーカーではなかったところも新規参入障壁も低くなり、後発で色々出てくるかもしれません。

色々課題はありますが、、、、💦

面白いですね〜🙂

 

 

 

今度はトヨタのコネクネットシティーや走行税についても少し記事を書いてみたいです♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました