【ニュース】防衛省が新たな迎撃ミサイルシステムを開発する検討に入る

防衛省、北の新型ミサイル対応で新迎撃システム開発へ(産経新聞) – Yahoo!ニュース

 

 

このニュースは大きく報じられませんが、とても大事なことですね。少しデリケートな部分もあるので安易に賛成反対とはなりませんが。 

 

イージスアショアの迎撃システムに多額の費用をかけていて前から疑問に思っていたんですが、またニュースが入ったので改めての個人的な疑問です。

 

 

 

迎撃ミサイルシステムはそもそも100%確実ではないもの。これから多額の税金が必要になるだろうにも関わらず、ここにつぎ込むのはどうなのかな?という個人的な疑問です。

 

 

前にイージスアショアについても沢山議論されていました。迎撃ということを中心に話していてもう少し幅広く物事を見て検討した方がいいんじゃないかと。

 

 

 

イージスアショアは低高度には対応できず、変則的なものにも対応できません。

沢山配置したからと言ってまったく安心ではないということ。

今回の開発システムは変則軌道にも対応するシステムらしいですが、開発に数年かかる模様です。 その間に攻撃する側も開発が進むでしょう。 

 

 

100%防衛できないと相手側が分かっていればそれ以上の攻撃をすればいい。

防衛だけは立場的にとても弱いです。安易には言えないけど、相手を攻撃させないようにする使わない兵器も必要な場合が現実問題多々あると思うのです。

 

 

今や攻撃もAIです。

何だかSFの世界みたいで現実感ないですけど。

国同士の力関係やお金の動きなどで戦いが発生してしまうかもと感じること自体が悲しいことです。

 

 

子供達の未来が平和であることと、日本の未来が明るいものであることが一番の願いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました